お知らせ

2020/09/22

SNS更新 四十肩と肩甲骨

Instagram-image

四十肩や五十肩って言葉はよく聞きますね(^^)

正式には肩関節周囲炎といいますが、推定患者が600万人となかなか多いんです!20代30代でも予備軍が多いのもの現実です…(*_*)

 

名前の通り、肩の関節の周囲で炎症が起こるので、組織や肩甲骨の周りについてるインナーマッスルと言われる筋肉が関係します!

腕と肩甲骨は一緒に動くリズムがあるんですが、肩甲骨が動かないとダイレクトに関節に負担がかかります(>_<)

腕が上がりにくいなー、猫背やなー、肩コルわーって方は肩甲骨を動かすストレッチや運動で予防や改善に繋がりますので意識してみましょ(^-^)/

2020/09/18

SNS更新 サイクル

Instagram-image

 

GO TOも東京が入りますね☆ディズニーも美女と野獣エリアがついにスタートしますね(*^^*)経済も回るといいですね♪

経済にサイクルがあるように良い循環と悪い循環は体にもあります!

気温が下がり過ごしやすくなる反面、だるいなー重いなーと感じることがあるかと思います!水分補給してますか(>_<)?

 

体が冷える→筋肉が硬くなる→血行が悪くなる→細胞に栄養が行かなくる→老廃物が溜まる→だるくなる→免疫力が下がる→動かなくなる→筋肉が機能低下する→体が冷える

 

こんなようにどんどん悪くなります(>_<)

水分摂取が減り、足をつったり、ぎっくり腰なども起こりやすい状態にあるので血行を良くするように、だるいときこそ水分補給と運動しましょう(^-^)/

運動も種類があります!ガシガシやる運動ではなく、体を調整する運動があります☆

終わった後にポカポカする、スッキリする、そんな運動も提供してます(^^)

体調管理も忘れずに良い循環作りを目指しましょう☆

2020/09/17

SNS更新 加圧とスロトレ

Instagram-image

筋トレのやり方で『スロートレーニング』と『加圧トレーニング』があります(^^)

どちらも意図的に筋肉を無酸素状態にするやり方です!

どっちが良いとかではなくどちらも良いです☆筋トレは無酸素運動に位置付けられるので酸素がない状態のほうが効果があるということ☆どちらも成長ホルモンの分泌量が通常のガシガシやる筋トレよりも高いです☆

 

加圧トレーニング

バンドを巻いてやるやり方

・細かい筋肉にも対応

・スロトレよりも低負荷で追い込みやすい

・リハビリなどにも効果的

 

スロトレ

5秒かけて下ろし5秒かけて上げるようなやり方

・初心者でもケガをしにくい

・1人で短時間でどこでもできる

・通常の筋トレよりも筋肉を意識しやすい

 

自宅トレーニングが多くなってますが、そんなときこそフォームを見直し、ゆっくりと丁寧にやることが結果を出す近道です(^-^)/

まずはスロトレからはじめてみるといいですね♪

2020/09/16

新料金

トレーニングで仕事も生活も人生も変わります(^^)

ダイエットや筋肉増量の方はもちろん、どこかに痛みや既往歴がある方の予防や改善でのご利用が多いので、たくさんの方に『良さ』を『効果』を知っていただきたく、今までのパーソナルトレーニングにプラスするオプションサービスをはじめます!

 

料金は最低水準、効果は最高水準を目指します!

 

頑張ってる人をみると自分も頑張りたくなりますね(^^)

もっと応援できる環境をつくれたらと思います!

 

予約方法

・ホームページのお問い合わせ

・インスタ、ツイッターのDM

・電話

メールやDMのほうが繋がりやすいと思いますのでよろしくお願いします!

Instagram-image

2020/09/15

SNS更新 アミノ酸

Instagram-image

最近はダイエットにも筋トレにも『たんぱく質』をとることが大事だ!ということは浸透してきたと思います(^^)コンビニでも解りやすくたんぱく質保有量など記載してある商品が多いですね☆手軽にボディメイクがしやすくなってます♪

 

たんぱく質はアミノ酸の集まりですが、アミノ酸は体の中で作られる11種の非必須アミノ酸と食べ物から取らないといけない9種の必須アミノ酸にわかれます☆

 

筋肉を作るのに必要なアミノ酸(BCAA)は必須アミノ酸なので食べ物から取らないといけません!

でもたんぱく質は1度に体内で吸収できる量(30gほど)が決まってるので、こまめに(約2~3時間おき)摂取したいところ(>_<)

だからプロテインは手っ取り早くていいですね♪

 

たんぱく質の目安になるのが『アミノ酸スコア』です☆

検索するとどの食べ物が良質なたんぱく質なのか出てくるので、数値が高いものや数値が低くても組み合わせ方など、食事やおやつのバランスを考えるときに使ってみてください(^^)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...